浮世草子 三一八


女は星の数ほどいるっていうけど、キミは違う。

「どうして?」

僕の太陽だからね。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-11 13:16 | 惚気
浮世草子 三一七


好きな人がいるんだけど、恥ずかしくてその人の目すら見れないんだ。

「どうして?」

いや、今僕の隣に座ってるんだけどね。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-11 13:08 | 口説
浮世草子 三一六


人から「キョロキョロして落ち着きがない」って言われてきたけど、今日でそれも直りそうだ。

「どうして?」

ずっとキミを探してたんだ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-11 13:03 | 口説
浮世草子 三一五


キミには幸せになってほしいとは思わないなぁ。

「どうして?」

幸せにしてあげたいからさ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-07 22:38 | 求婚
浮世草子 三一四


キミのすっぴん? 興味ないよ。

「どうして?」

人は見たいものしか見ないんだ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-07 22:37 | 皮肉
浮世草子 三一三


キミの好きなとこ? その小さな鼻かな。

「どうして?」

キスするとき邪魔にならないから。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-07 22:32 | 惚気
浮世草子 三一二


明日キミのお母さんにお礼を言いに行こうと思うんだ。

「どうして?」

キミを産んでくれて、ありがとうって。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-07 22:14 | 惚気
浮世草子 三一一


キミはメデューサのようだ。

「どうして?」

キミの瞳を見ると体が固まってしまうんだ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-07 21:58 | 直喩
浮世草子 三一〇


僕は大泥棒。

「どうして?」

キミのハートが盗めたからさ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-05 14:25 | 直喩
浮世草子 三〇九


キミと向かい合って座ってる時が一番幸せを感じるんだ。

「どうして?」

だってキミの瞳に僕が映ってるんだよ?
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-05 14:23 | 惚気
浮世草子 三〇八


僕はかなり視力悪い方なんだけど、不思議なこともあるもんだね。

「どうして?」

いつもキミだけははっきり見えるんだ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-05 14:16 | 惚気
浮世草子 三〇七


キミは上島竜兵、僕は寺門ジモン。

「どうして?」

キミがいてこそ僕は輝ける。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-05 14:06 | 直喩
浮世草子 三〇六


このダイヤはキミを輝かせるためにプレゼントしたんじゃない。

「どうして?」

キミがより一層輝くためなんだよ。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-05 14:03 | 口説
浮世草子 三〇五


もう1年くらい布団干してないよ。

「どうして?」

キミの匂いが消えるじゃないか。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-04 14:28 | 惚気
浮世草子 三〇四


僕が優しい人間だなんて勘違いしないでほしいな。

「どうして?」

キミにしか優しくしたことないんだから。
[PR]
# by yugamizm | 2004-11-04 14:23 | 口説