カテゴリ:惚気( 120 )
浮世草子 二七一


いつも願っていることがあるんだけど、叶うかどうかわかんないんだ。

「どうして?」

これからのキミの人生の思い出全てに、僕の姿があればいいのに。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-23 10:28 | 惚気
浮世草子 二七〇


病院なんて必要なくなったなぁ。

「どうして?」

キミがいるだけで元気になれるんだ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-23 10:27 | 惚気
浮世草子 二六八


今年のクリスマスはプレゼントなんていらない。

「どうして?」

キミが恋人になった以上のプレゼントなんて存在しないよ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-23 10:26 | 惚気
浮世草子 二六四


漢方薬で冷え性なんて治んないよ。

「どうして?」

その冷たい手を僕のポケットに入れてごらん。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-21 23:51 | 惚気
浮世草子 二六二


あれ? 今地震なかった?

「どうして?」

気のせいだった。キミと手を繋いでドキドキしてるだけだったよ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-21 23:43 | 惚気
浮世草子 二五九


最近、見えもしないものが見えるようになったんだ。

「どうして?」

瞬きするたびにキミの顔が浮かぶ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-20 23:06 | 惚気
浮世草子 二五四


キミと僕はずっとわかりあえっこないよ。

「どうして?」

だから一生キミに恋できるんだよ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-20 22:19 | 惚気
浮世草子 二四三


キミの手料理もそうだけど、キミが作ったカップラーメンも美味しいよ。

「どうして?」

多分、お湯にも愛を込めることができるんだろうなぁ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-20 19:20 | 惚気
浮世草子 二五二


僕に文才があったらなぁ。

「どうして?」

僕たち以上のラブストーリーはないと思うんだ。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-20 19:19 | 惚気
浮世草子 二五一


ねぇ、暖房切ってくれない?

「どうして?」

寒かったら肩を寄せ合えばいいじゃないか。
[PR]
by yugamizm | 2004-10-20 19:18 | 惚気